清水寺

音羽山 清水寺 Kiyomizu dera temple・怎么走・行き方・Access
交通:bus「五条坂/清水道」下車 Free Ticket(一日乗車券)
住所:京都市東山区清水1-294 map
TEL:075-551-1234
拝観時間:6~18:00
URL:音羽山 清水寺 青龍会
拝観料:400円

毎年三月に行われる京都・東山花灯路 2018/3/9~18 18:00~21:30

期間中は清水寺もライトアップ

あわせて「222年ぶり、京都・清水寺で秘仏公開」も開催中
公開は3/18までと、10/5~15の2回あります

特別拝観とライトアップ
青蓮院知恩院八坂神社圓徳院高台寺法観寺(夜間特別拝観無)、清水寺

毎日19時と20時に知恩院を出発する狐の嫁入り
行列順序 知恩院三門円山公園ねねの道→春光院→高台寺天満宮→高台寺

八坂神社では土日の18:30、19:00、19:30に京都五花街・舞妓さんの舞が行われます

↓ 2018/3、2017/9 清水寺 青龍会 ↓

清水寺 青龍会の演舞は
毎年3/14、3/15、4/3、9/14、9/15
14:00 奥の院 地主神社 音羽の滝 経堂 三重塔 西門
14:30 石段下 門前町 仁王門 轟門 本堂
にて観音加持が行われます

2017年現在は本堂が工事中のためか、
奥の院→地主神社→音羽の瀧→仁王門→門前町というルートでした

四神相応「北の玄武、南の朱雀、西の白虎、東の青龍」

青龍は観音様の化身

毎晩、音羽の瀧の水を飲む―

観音の功徳を法螺貝で伝え、
青龍を守護する四天王や
仮面をかぶった悪縁を絶ち良縁を結ぶ夜叉神が続く

「南無観音…」と唱えながら
門前町ではお土産物屋さんの中に「やー!」と18mの龍が飛び込んで行く姿は圧巻!

春と秋の風物詩、堪能いたしました

↓2017年8月中旬の記事↓

一日の参詣が千日分の功徳に相当する「千日詣り」へ

本堂内々陣の特別拝観をしていると、読経の声が聴こえてきた

千日詣りのお札をいただくと、ちょうど20時頃になった

お参りをしたのは8月16日の五山の送り火

境内から「左大文字」「舟形」「鳥居形」が遠くに見えるそうですが、
どこから見えるのか全然わからない

しばらく歩いて鳥居形が見える場所を発見

京都に来て初めて、この目で五山の送り火を見ることができました

↓2017年4月上旬の記事↓

夜の特別拝観

只今、清水寺は修理中で、木材の足場が組まれております…

出口付近にある池と桜、五重塔が見所です

↓2017年1月の様子↓

雪の清水寺⛄

自宅から歩いて清水寺まで行けるという贅沢さ

17時頃には吹雪のような状態に❆

TAMRON24-70mmは修理中のため、CANON 16-36mmと50mmを持って雪の中で撮影

関連記事: 清水寺 紅葉 名勝 月の庭と成就院

*今回の記事はCANON EOS 5D Mark Ⅳにて撮影

📷京都在住の女性カメラマン📷 ✉mail✉ profile English/中文
京都の桜 京都の祭 行事 イベント 京都の紅葉 秋の風景 京都の雪景色
伝統芸能舞台撮影風景料理撮影人物撮影
Facebook Twitter Instagram 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA