世界遺産 醍醐寺 豊太閤花見行列

Pocket

Daigoji-temple 世界文化遺産 醍醐寺・怎么走・行き方・Access
交通:山急バス「醍醐寺」下車すぐ
(JR京都駅 八条口 ホテル京阪の角から出発)
住所:京都市伏見区醍醐東大路町22 map
TEL:075-571-0002
拝観時間:9~17;00
URL:https://www.daigoji.or.jp/
拝観料:無料(有料地域有 三宝院・霊宝館・伽藍は春期・秋期1500円 通常期800円)

毎年4月の第2日曜日に行われる豊太閤花見行列

13時から総門から仁王門(西大門)までの無料区域で豊太閤花見行列を見物

有料区域の伽藍では、この後、舞楽鑑賞も行われます

(もしかしてこの舞をする方は以前、藤森神社で舞っていた方…?)

お待ちかね!
太閤秀吉がやってきました🌸

続いて北政所

淀殿など、太秦映画村の協力で美女が花を添えます🌸

14時半からはもう一度、逆ルートで仁王門(西大門)から総門までの無料区域で
行列を見ることもできます

次は見ごたえたっぷりの有料区域のご紹介🌸

有料エリア「霊宝館エリア」には10万点以上もの寺宝から展示されています

そのお庭にも他ではなかなか見ることの出来ない大きな桜が何本も咲き誇っています

有料区域「伽藍エリア」の仁王門の前にも大きな桜

奥には五重塔や金堂があります

伽藍エリアは有料区域の中では一番広い場所です

有料区域「三宝院エリア」は見事な庭園があります

更に『西国三十三カ所草創一三〇〇年記念 特別拝観 重文「弥勒堂」「純浄観」「奥宸殿」』
が追加500円で今なら拝観ができます

普段、見ることの出来ない場所なだけあって、見ごたえ有です!

↓2015年4月上旬の様子↓

醍醐寺

世界遺産の醍醐寺は「花の醍醐」と呼ばれる平安時代からの桜の寺

醍醐寺

毎年4月の第2日曜日は「豊太閤花見行列(ほうたいこうはなみぎょうれつ)」が開催されます

醍醐寺

豊臣秀吉を見に、「醍醐の花見」を愉しみに行きませんか

醍醐寺

かわづ桜、枝垂れ桜、染井吉野、山桜、八重桜、大紅しだれ、大山桜…
三週間に渡って、境内で桜が咲き誇ります

醍醐寺

時間があまりないときは、入口付近の「三宝院」のチケットの行列に並ぶより、
境内は広いので、五重塔を目指して進むことをおすすめします。

醍醐寺

*今回の記事はCANON EOS 5D Mark IIIにて撮影

撮影のご依頼はMailにてご連絡ください
portrait参考記事:
祇園・東山満喫☆撮影ツアー! ・巽橋 辰巳大明神 ・今熊野観音寺
嵐山 竹林の小径 ・愛宕念仏寺 ・奥嵐山の秘境・大悲閣千光寺
浄土真宗本願寺派 西本願寺
智積院 講堂・名勝庭園「利休好みの庭」
御寺 泉涌寺 ・御寺泉涌寺別院 雲龍院
東寺 世界遺産 真言宗総本山 教王護国寺 ・レンタル着物岡本
地球散歩の旅
**本来の自分自身に出会う旅**
ワクワクすること、やりたかったことを1つ始めてみてください❤
素晴らしい奇跡がおきますよ!
全ての人が自分らしく、楽しく豊かな人生を

★イイネ!ワンクリックが励みになります↓記事が役に立ちましたらポチっとお願いします!
Instagram 食べログ グルメブログランキング   にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
Facebook 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO Twitter
★祝你京都生活幸福・一路平安京都旅游 ↑One Click↑ 谢谢!

11076289_689568457821303_527810165527377254_n
2015/4/25発売!
京都、滋賀、奈良12か所の美食店を撮影
絶景と美味とパワースポット 2日間であなたの人生を変える旅」 Facebook
出版:Grunt Style Inc. 販売:サンクチュアリ出版 ISBN:978-4-905298-19-9

2
2014/7発売
中国「紅海灘」で撮影した写真が
絶景の旅 未知の大自然へ (地球新発見の旅)」に掲載されました。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA