ガンジス河沐浴風景ボート参観

Pocket

ガンジス河沐浴風景ボート参観

早朝5時頃、フロントは外国人でいっぱい

まだ外は真っ暗だというのに
3時から4時の間にある朝のおつとめを見に行ってきたツアー客でごったかえしていた

寒さに震えながらガンジス河に向かう途中
大好きな妹尾河童さんの本「河童の覗いたインド」に書いてあった
素焼きのコップに入ったチャイを飲んで温まる

飲んだ後は衛生のためと生産者の生活のため
以前は素焼きのコップは割っていたそうですが
今は近くにケースが置いてありました

ガンジス河沐浴風景ボート参観

聖地バラナシ(ベナレス)のガート(沐浴場)の近くには
お供えの花のマリーゴールドやガンジス河の聖なる水を汲んで帰るための水筒を売っている商人たちや
毛布をかぶってお迎えの日を待ち眠っている人の姿

ガンジス河沐浴風景ボート参観

沐浴の前にはきちんと身体を洗ってからガンジス河に来るのだとか

川のそばにある大きな傘の下にはバラモンがおり
沐浴に来る人たちにお祈りをしてくれる

ガンジス河沐浴風景ボート参観

沐浴のルールについては
敬虔なヒンドゥー教徒から直伝の「ガンジス河の沐浴ガイド」
を読むとわかりやすい

男性は半裸で構いませんが
女性はパンジャビドレスなど肌の露出はしないようにすること

水着でもとても目立ちます

ガンジス河沐浴風景ボート参観

インド人にとって「ガンジスの川は腐らない聖なる水」
(しかし汚染問題もあるためご自身で判断を

火葬場で使うピンからキリまである薪は
高額になると香木を使うことも

6時間かけて焼き、骨も粉になるそうです

近くのガートでは洗濯をする下層カーストの姿

生と死が同じ場所で交差していました

ガンジス河沐浴風景ボート参観

この日は霧がかっていましたが
ガイドのバンシーさんが「太陽に電話をしてくれたおかげ」で
幻想的な太陽の姿を拝むことができました

インド India ガンジス河 Ganges

ボートのお土産物屋さんが寄って来て
写真不可の火葬場の葉書を日本語や英語で売りに来た

インド India ガンジス河 Ganges

船上のメンバーはマリーゴールドの灯篭流しの準備中

インド ガンジス河 灯篭流し

揺れる船の上で火が消えないように
バンシーさんが一生懸命、蝋燭に火を灯す

ガンジス河沐浴風景ボート参観

シヴァ神

インドに連れて来てくれてありがとう

ガンジス河沐浴風景ボート参観

手漕ぎボートに揺られながら
カモメに餌やり

インド India ガンジス河 Ganges

長期滞在者向けの安宿
「久美子の家 Kumiko House」

ガンジス河沐浴風景ボート参観

興奮さめやまずシャッターを切り続けましたが
しっとりと濡れたボートで身体が冷えてきた

インド India ガンジス河 Ganges

名残惜しいけれど下船の時間がやってきました

インド India ガンジス河 Ganges

今度はゆっくりと滞在して
夕方のガンガーの姿も拝みたい

インド India ガンジス河 Ganges

インド・バラナシ(ベナレス)の寺町へ

インド India ガンジス河 Ganges

小さな寺院も大きな寺院も密集する寺町で
太陽を現す赤いビンディをしてもらいました

ナマステ

インド India ガンジス河 Ganges

関連記事:
Indiaもくじ
お坊さんと巡る仏教聖地

*今回の記事はCANON EOS 6D にて撮影

**本来の自分自身に出会う旅**
ワクワクすること、やりたかったことを1つ始めてみてください❤
素晴らしい奇跡がおきますよ!
全ての人が自分らしく、楽しく豊かな人生を

★イイネ!ワンクリックが励みになります↓記事が役に立ちましたらポチっとお願いします!
Instagram 食べログ グルメブログランキング   にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
Facebook 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO 八百万の神
★祝你京都生活幸福・一路平安京都旅游 ↑One Click↑ 谢谢!

11076289_689568457821303_527810165527377254_n
2015/4/25発売!
京都、滋賀、奈良12か所の美食店を撮影
絶景と美味とパワースポット 2日間であなたの人生を変える旅」 Facebook
出版:Grunt Style Inc. 販売:サンクチュアリ出版 ISBN:978-4-905298-19-9

2
2014/7発売
中国「紅海灘」で撮影した写真が
絶景の旅 未知の大自然へ (地球新発見の旅)」に掲載されました。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA