オマツリジャパンに掲載されました!

オマツリジャパンに掲載されました!
過去ページはこちら オマツリジャパン4オマツリジャパン3オマツリジャパン2オマツリジャパン1


⛩ エア祭にエア参拝!おうちで神社・お寺にGO! ⛩
「おうちからエア参拝」「オンライン写仏・エア御朱印」「エア祭り」をまとめました!
「アンドロイド観音」「ガチャ仏さま」「ドローン仏」…。
仏教、かなり進化してます!
個人的には「テクノ法要」がツボ。


お盆とは地獄の蓋が開く「ご先祖さまが帰ってくる一週間」!お坊さんに聴いてみた
花火も元は先祖供養!
先祖供養の方法が「こんな故事があるからこっちの方がより功徳がある」「いやいやこう言う話もある」と、地域や宗派で供養の方法は千差万別。
例えば京都であれば五山の送り火や地蔵盆など色々教えていただきました。


清水寺【青龍会 (せいりゅうえ)】安寧を祈り音羽の滝へ青龍が降臨!
門前会発祥のアイディアがお寺の正式な年間行事になり20年!
「寺・坂・わが家」という言葉通り、清水寺と門前会は一体です。
他の門前会がその仲の良さを見学しにくるほどの清水寺門前会。
夜間拝観や消防活動など、宗教以外の部分、全てを担います。


「アマビエまつり」リアル・アマビエ現世降臨! 動画
京都の宝、舞妓さんより稀少な存在「嶋原太夫」の葵太夫がアマビエに変身!
妙蓮寺塔頭円常院でアマビエ御朱印を授与


🌊アマビエ御朱印で疫病退散!エア・御朱印をたのしもう!🌊
全国のアマビエ御朱印情報をまとめました。
妖怪は人の愛から生まれた「ちょっと気を付けたほうがいいよ」の具現化。
アマビエは「頭をひやして」疫病に対しての差別や偏見、恐怖からのパニックなどに関して、子供にもわかりやすく理解できるために生まれてきた妖怪です。
緊急事態宣言中はおうちでエア御朱印をたのしもう!
疫病退散の妖怪アマビエのご利益をおうちでも。ぬりえもあります!


🌸京都【正寿院】観桜会 夜間特別拝観 春の桜とハートの猪目窓🌸
ハートの猪目窓から見える満開の桜!
京都から車で約1時間、ちょっと遠出して「ハートのまち」、「日本緑茶発祥の地」でのんびりとした時間をすごせます。


アマビエ祭りで疫病退散! オマツリジャパンで「アマビエまつり」についてシェアしていただきました!

「アマビエまつり」開催!アマビエの絵、写真を大募集!
「趣味以上、フリーランス未満」「自宅アーティスト」を応援いたします!
https://note.com/amabie_matsuri
https://www.facebook.com/amabie.matsuri/
https://www.instagram.com/amabie.matsuri/
https://twitter.com/amabie_matsuri


eo光チャンネル📺「達人がぶっちゃ~ける 春の京都スペシャル」編📺
2020/4/6公開!1か月ほど放送されます!スマホ・パソコンでも見ることができます。
オマツリジャパン・ライター」として出演してまいりました!
高台寺の桜嶋原太夫愛宕神社月輪寺空也の滝を紹介しています!


石清水八幡宮「桃花祭」と「八幡まちかどひなまつり」
石清水八幡宮の御節会~五節祭の旧儀復興~「桃花祭」と
「八幡まちかどひなまつり」でライト兄弟より早い発明?!「飛行神社」、お寺の壁に落書き?!らくがき寺 単伝庵へ行ってきました!


京都仁和寺でコロナウイルス収束まで覆面を提供
仁和寺で梵字の入ったマスクを提供しているということで作成風景も撮影させていただきました!
京都で最後に咲く御室桜と、「素泊まり100万円」についても伺ってきました。


📷京都散歩の旅📷 ✉mail✉ profile
京都の桜 京都の祭 行事 イベントカレンダー 京都の紅葉 京都の雪景色
パワースポット ご利益さん portrait photo writer
Instagram YouTube Twitter Facebook オマツリジャパン 食べログ note

1 thought on “オマツリジャパンに掲載されました!

  1. omachi

    あなたの知らない日本史をどうぞ。
    歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

    読み通すには一頑張りが必要かも。
    読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
    ネット小説も面白いです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です