御靈神社(上御霊神社) 神幸祭

桓武天皇により創建された御霊神社。
御霊祭は天災や疫病を鎮めるために神泉苑で行われていた御霊会(ごりょうえ)が起源です。

毎年5月1日に御靈神社(上御霊神社)で行われる神幸祭。

令和のお祝いということで54年ぶりに神幸祭で神輿渡御が行われました。

3基の御神輿の担ぎ手がやってきました。

①南之御座 小山郷神輿会奉舁
後陽成天皇から賜った御鳳輦(天皇様がお乗りになる輿)で鳳凰がついています。

②中之御座 末廣神輿会奉舁
朱色のお絹をまとった御神輿。「えらいやっちゃ、えらいやっちゃ」という掛け声で担ぎます。

③北之御座 今出川京極神輿会奉舁
後水尾天皇の父君から賜った御鳳輦。北之御座御下賜四百年という記念の年を迎えました。

御神輿は大変重たいため、20~30秒でどんどんと担ぎ手がが変わります。
1基で約150~200人の担ぎ手が必要なのだとか。

11:30から行われる神幸の儀。

祝詞奏上、お祓いや玉串奉奠が粛々と行われる。

舞殿から威勢よく左右に振りながら御神輿を下す担ぎ手たち。

神職が御神輿の上に上って鳳凰を飾り付け。

13:00頃、御神輿が京都御所に向けて出発!

令和元年5月1日(祝) 神幸祭渡御道筋(←詳細は御霊神社の公式Instagram参照)

御靈神社(上御霊神社)・Access
traffic 交通:bus「出雲路俵町」下車 Bus One-Day Pass(バス一日券)
address 住所:京都市上京区上御霊前通烏丸東入上御霊竪町495番地 map
TEL:075-441-2260
拝観時間:9~17:00
URL:京都神社庁 Instagram
Admission fee 拝観料:free
主な年間行事:5/1御霊祭社頭之儀、5/18御霊祭渡御之儀、6/30夏越の大祓式、8/18例大祭/小山郷六斎奉納/狂言奉納


📷京都散歩の旅📷 ✉mail✉ profile
京都の桜 京都の祭 行事 イベントカレンダー 京都の紅葉 京都の雪景色
パワースポット ご利益さん portrait photo writer
Instagram YouTube Twitter Facebook 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA