日別アーカイブ: 2015-05-06

妖怪堂 冥途カフェ

Youkai-dou 妖怪堂・怎么走・行き方・Access
交通:bus「西大路四条」下車 西大路蛸薬師西入ル20m 中文
住所:京都市右京区西院東今田町7 map
TEL:090-6755-5725
拝観時間: 15;00~21;00 (期間限定。詳細は下記URL参照)
URL:Face Book Blog
拝観料:妖怪講座+1Drink=1800円

妖怪堂

その男、鬼の子孫」―

西院の河原にある妖怪堂

妖怪の子孫で僧侶の葛城トオルさんにお逢いして来ました

妖怪堂

…というのも、わたくし、魔女・ミラーカと長らく名乗っておりました

中学の時から澁澤龍彦の本で黒魔術やら不思議な世界について愛読しており、
聖飢魔ⅡACE清水モデルギターが初めて持ったギター、
鳥取では水木しげる記念館に行くほど、妖怪にも興味津々、
『寺山修司という世界』に出演したときは蛇女の役でした

「妖怪堂」なんて看板を見たら、それはもう…行くしかないでしょう

妖怪堂

異界に足を踏み入れると
京極堂を思わせるような本の山

骸骨や妖怪の絵が飾られている部屋で、念願の妖怪のお話を伺うことに

妖怪堂

今回の内容は妖怪というより、
まずは店主である葛城さんがなぜ、妖怪の子孫であるか、という自己紹介

2時間半近くに渡り
論文にしたらよいのに…という情報量と、小説にしたらいいのにという壮大な内容を
分かりやすく解説していただきました

妖怪堂

その本が書けるほどの内容をぎゅっと凝縮し、簡単にこのメモを要約しますと…

御伽草子』などで酒呑童子討伐や土蜘蛛退治をした物語は
源頼光には頼光四天王と言われる強い家臣がおり、郎党を従えていたことが反映されており、
その人たちを紐解いていくと―

源頼光」(平安時代の武将)
渡辺綱桃太郎?)
坂田公時(金太郎)
碓井貞光(碓氷峠にいた巨大な大蛇を退治)
卜部季武(神楽「土蜘蛛」や今昔物語集に登場)

VS

酒呑童子」(鬼の頭領、盗賊の頭目、神隠し)
茨木童子一条戻橋渡辺綱(源綱)に腕を斬られた鬼)
八瀬童子歴代天皇の棺を担ぐ鬼の子孫
謎の民族「葛城童子」

葛城豪族の地域には土蜘蛛伝説が残っており、
土蜘蛛=妖怪の子孫である、という興味深い内容でした

妖怪堂

葛城さんが妖怪の子孫であると気が付いたのは、
玩具プロデューサーの安斎レオさんからいただいた「妖怪図巻」をきっかけに、
土蜘蛛を描くだけでなく、調べたところ、自分の出生について繋がっていったのだそうです

そしてこの本はなんと…水木しげるさんからレオさんの手に渡り、
妖怪の子孫のところにやってきたというのだから、運命はおもしろい

「妖怪はニーズがあって、人が生み出したものなのです」

河童は川の危険を知らせるため、
カマイタチは早く帰って来なさい、暗くなると知らぬ間に身体を傷つけるから…

百鬼夜行」は平安時代に観光で賑わった京都の人がお金ができたので
新しい道具を買い、古い道具を都の周辺に棄ててゴミの山ができたため、
物を大切に、ということを伝えています

このような妖怪の物語も聴いてきました

なんだか妖怪が身近に感じませんか

今度は京都魔界案内・魔界ウォークにも参加してみてみたい

妖怪堂


📷京都在住の女性カメラマン📷 ✉mail✉ profile 
京都の桜 京都の祭 行事 イベント 京都の紅葉 秋の風景 京都の雪景色
パワースポット ご利益さん 京都散歩の旅 portrait photo writer
Facebook Twitter Instagram 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO