カテゴリー別アーカイブ: 横浜・神奈川散歩の旅

浄智寺

臨済宗 金宝(峯)山 浄智寺 Jochiji temple・怎么走・行き方・Access
住所:神奈川県鎌倉市山ノ内1402 map
TEL:0467-22-3943
拝観時間:9-16:30
URL:古建築
拝観料:200円

北鎌倉駅から数分の場所にある浄智寺

この寺に来るのはマルキド・サドの研究者である作家・澁澤龍彦の墓があるから

世界悪女物語をはじめ、
中学高校の時には難しすぎて理解出来ないのに読みあさっていた

ホムンクルス(小人)や妖精などの妖しい雰囲気の漂う暗黒の異空間を思い出す

妻の澁澤龍子さんの本によると、
浄智寺を見下ろす場所に旧・澁澤邸があるはずだが、いまだにどこにあるのかわからない

京都に住んでいて美しい寺を見慣れているせいか、久々に訪れた浄智寺は荒れ果てた姿に見えた

訪れたのは7月上旬

夏真っ盛りで木々が生い茂っていたのだろうか

境内を奥に進むと鎌倉江の島 七福神の布袋様

布袋様の後ろに隠れている仏像も見所です

出口付近には目を奪われる美しい額縁庭園

鎌倉と江の島にしばらく滞在して撮影したなるほど、懐かしく美しい景色であった

↓2009年11月末撮影↓ 秋の装い 浄智寺関連記事:2007年4月 龍が天に昇った

*今回の記事はCANON EOS 5D Mark IIIにて撮影

京都在住の女性カメラマン 📷アイシェ ayse 愛謝📷
Facebook Twitter Instagram 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO 

伝統芸能舞台撮影祭事イベント風景料理撮影人物撮影の撮影実績有

撮影のご依頼は✉Mail✉にてご連絡ください

銭洗弁財天宇賀福神社

zeniaraibenten 銭洗弁財天宇賀福神社・怎么走・行き方・Access
住所:神奈川県鎌倉市佐助2-25-16 map
TEL:0467-25-1081
拝観時間:24h
URL:銭洗弁財天宇賀福神社
拝観料:無料

鎌倉 長谷寺鶴岡八幡宮に続いてやってきたのは銭洗弁天

鎌倉五名水の霊水「銭洗水」

福寿開運を願って初めて1万円を洗う

洞窟の中には「洗ったお金は気持ちよくお使いください」と書いてある

一万円を洗うのは勇気がいったけど、使えると思えば気持ちが軽い

一月の銭洗弁天祭初巳の日は特にご利益があります

鎌倉駅から銭洗弁天に向かう際はOXYMORON(オクシモロン)でのランチがオススメ

パクチーがいっぱい乗ったカリーを美味しくいただきました

ドリップコーヒーや、やさしい味のスイーツもあります

お隣はお洒落な洋服屋さんです

↓2012年1月の様子↓

鎌倉大仏を拝見し、大仏ハイキングコースへ

冬でも汗をかく山道です

ハイキングコースの途中にあるのは天空のカフェと呼ばれるCafé terrace樹ガーデン

ラピュタに来たような光景が広がるお洒落なガーデンテラスで一休みしてから
銭洗弁天に行けるオススメコースです

山の中でもランチをいただけるなんて幸せ!ごちそうさまです

*今回の記事はCANON EOS 5D Mark IIIにて撮影

京都在住の女性カメラマン 📷アイシェ ayse 愛謝📷
Facebook Twitter Instagram 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO 

伝統芸能舞台撮影祭事イベント風景料理撮影人物撮影の撮影実績有

撮影のご依頼は✉Mail✉にてご連絡ください

鶴岡八幡宮

Tsurugaokahachimangu 鶴岡八幡宮 ・怎么走・行き方・Access
住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 map
TEL:0467-22-0315
拝観時間:24h
URL:鶴岡八幡宮
拝観料:無料

鎌倉 長谷寺の後は鶴岡八幡宮へ

小町通りの鳥居には七夕飾りが風になびいていました(2017/7/6撮影)

7/1~7の一週間のみの七夕飾り

7/7は芸能上達とご縁を結ぶ「乞巧奠(きっこうでん)」という七夕の儀式があります

暑い夏でもたった七日間だけの飾り…と思うと階段もなんのその

本殿の前の警備員さんが階段の途中で止まって撮影しないように安全を呼びかけていました

↓2009年11月 秋の光景↓

洋服を見るとなんだか昭和の写真のよう

*今回の記事はCANON EOS 5D Mark IIIにて撮影

京都在住の女性カメラマン 📷アイシェ ayse 愛謝📷
Facebook Twitter Instagram 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO 

伝統芸能舞台撮影祭事イベント風景料理撮影人物撮影の撮影実績有

撮影のご依頼は✉Mail✉にてご連絡ください