落柿舎

落柿舎 向井去来遺跡・怎么走・行き方・Access
交通:bus「嵯峨小学校前」下車 Free Ticket(一日乗車券)
住所:京都市右京区嵯峨小倉山緋明神町20 map
TEL:075-881-1953
拝観時間:9-17;00 (1月、2月は10―16;00)
URL:落柿舎|向井去来遺跡
拝観料:250円

芭蕉の門下の俳人・向井去来の遺跡「落柿舎」

庭には40本の柿の木

一晩でほとんど落ちたことから「落柿舎」という名前がつきました

去来
「柿主や梢はちかきあらし山」
「涼しくも野山にみつる念仏哉」

「一句ひねって投句して下さい 庵主」と竹筒の投句箱が置いてあり、
投稿された中で優秀な句は入口で配布される季刊誌「落柿舎」に掲載されます

小さな境内の中で句が書かれた碑めぐりを楽しめます

落柿舎制札
「一。我家の俳諧に遊ぶべし 世の理屈を謂ふべからず」
「一。雑魚寝には心得あるべし 大鼾をかくべからず」
「一。朝夕かたく精進を思ふべし 魚とりを忌むにはあらず」

侘び寂の風情を感じる場所でした

「俳句みくじ」にはどんなことが書かれているかな

*今回の記事はCANON EOS 5D Mark Ⅳにて撮影

📷京都在住の女性カメラマン📷
Facebook Twitter Instagram 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO 

伝統芸能舞台撮影祭事イベント風景料理撮影人物撮影の撮影実績有

撮影のご依頼は✉Mail✉にてご連絡ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA