聖地ブッダガヤ 超宗派 印度山日本寺

Pocket

インド 日本寺 India Bodhgaya

4時半起きで5時にホテルを出発し
真っ暗な中、「印度山日本寺 INDOSAN NIPPONJI」と書かれた門をくぐっていくと
西洋人の僧侶が静かに中でたたずんていた

ブッダガヤで最初に建立されたどんな宗派も問わない超宗派の仏教寺院

本尊釈迦牟尼仏に向かって合掌する人々の姿が描かれた壁画

インドの日本寺で朝のおつとめが始まる

ブッダガヤ 印度山 日本寺

30分の坐禅のあと
本堂をぐるぐると回り
日本語の経文が配布され、初めてお経を唱えた

僧侶たちの声が合唱のようで心地よい

出来るだけ頭の中では中国語読みをし(日本には中国経由で入ってきたので…)
声は日本語で唱えていたけれど
途中から追いつけなくなった

さすがにお坊さんたちは木魚の音が速くなる経文でも一糸乱れずに唱えている

お経が終わったあとはもう一度座禅

外に出るころにはひっそりと夜は明けていた

インド 日本寺 India Bodhgaya

写経の時間にもう一度、日本寺に訪れると
併設された菩提樹学園には最下層のカーストの子供たちが集まってきていた

「普通、最下層のカーストの子供たちの目は覇気がありません
でもここの学校に通ってくる子たちは違います
もともと大きな目がキラキラと輝いているでしょう」
と朝課の途中で合流したこの場所の責任者である日本のお坊様がおっしゃった

可愛い笑顔を向けてくれる子供たちが
次々に学校に入っていく

ブッダガヤ ブータン寺

子供たちが教室に入ったあと
隣にあるブータン寺

先ほどの日本の内陣とは全く異なる色鮮やかな造り

庭は綺麗に掃除され、大輪の花が咲いていた

インド チベット寺院 India Bodhgaya

ロイヤルレジデンシ―ホテルに戻り
歩いて5分程のチベット寺院

寺院の前では幼い子供が赤ちゃんを抱いて施しを受けようと上着をひっぱる

可哀想だけれど大勢にあげられるだけのお菓子もない

たくさんの子供に囲まれてスリにあっても困るので
なるべく目を合わさずに進む

ブッダガヤ チベット寺院

門をくぐると一気に混沌とした世界から離れ
おだやかな時が流れていた

本堂に進むと入口にたくさんの靴が散らばっている

ブッダガヤ チベット寺院

中を覗くと
真正面にある本尊に向いてではなく
チベット僧たちが全員右を向いていた

その視線の先には説法を行うお坊様

そっと本堂を離れ、一巡りすることに

本堂の屋根の上では修復の仕事をするインド人
裏の広場にはサッカーをするチベット人

奥は学校のようで、そちらに進んでいく人もたくさんいた

インドでこんなにたくさんのチベットの人に逢うなんて思わなかった

インド チベット寺院 India Bodhgaya

関連記事:
Indiaもくじ
お坊さんと巡る仏教聖地

*今回の記事はCANON EOS 6D にて撮影

**本来の自分自身に出会う旅**
ワクワクすること、やりたかったことを1つ始めてみてください❤
素晴らしい奇跡がおきますよ!
全ての人が自分らしく、楽しく豊かな人生を

★イイネ!ワンクリックが励みになります↓記事が役に立ちましたらポチっとお願いします!
Instagram 食べログ グルメブログランキング   にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ
Facebook 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO 八百万の神
★祝你京都生活幸福・一路平安京都旅游 ↑One Click↑ 谢谢!

11076289_689568457821303_527810165527377254_n
2015/4/25発売!
京都、滋賀、奈良12か所の美食店を撮影
絶景と美味とパワースポット 2日間であなたの人生を変える旅」 Facebook
出版:Grunt Style Inc. 販売:サンクチュアリ出版 ISBN:978-4-905298-19-9

2
2014/7発売
中国「紅海灘」で撮影した写真が
絶景の旅 未知の大自然へ (地球新発見の旅)」に掲載されました。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA