妙心寺塔頭 大法院

Daihoin 臨済宗大本山妙心寺 大法院・怎么走・行き方・Access
交通:bus「妙心寺前/妙心寺北門前」下車 Free Ticket(一日乗車券)
住所:京都市右京区花園大藪町20 map
TEL:075-461-5162
拝観時間:春と秋の季節限定特別拝観のみ 9~16:00
URL:公式Twitter 公式Instagram
拝観料:700円(抹茶.菓子付き)

「且座喫茶(しゃざきっさ)」
「まぁ、座ってお茶でも一服召し上がれ」という禅の言葉

真田幸村の兄・信之の菩提寺「大法院」

特別拝観の期間にお抹茶をいただきながら庭園を拝見いたしました

「露地庭園」という清浄世界を表すお茶室とお庭が見所です


*今回の記事はCANON EOS 5D Mark Ⅳにて撮影

📷京都在住の女性カメラマン📷
Facebook Twitter Instagram 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO 

伝統芸能舞台撮影祭事イベント風景料理撮影人物撮影の撮影実績有

撮影のご依頼は✉Mail✉にてご連絡ください

アートアクアリウム ~京都・金魚の舞~

アートアクアリウム城の二条城での最終日、待望の「花魁の舞」を撮影!

前日は雨で花魁の舞が見られなかったため、リベンジで最終日に望みをかけてやってきました

入場時には「本日は強風のため、演目の中止や変更の可能性があります」という非情な通告

祈るような気持ちで開演を待ちました

花魁の切なさが伝わる千秋楽の舞台でした

↓2017年12月10日 最終日前日撮影↓

アートアクアリウム ~京都・金魚の舞~ 大政奉還150周年記念

劇団荒城の花形・荒城蘭太郎「二十四節気七十二候の舞」

雨の降る中での妖艶な舞

2014年開催の時も雨の日で足元の悪い中、
水しぶきをあげながら回転するプロ根性を見せてもらった舞

今回、またもや雨の降る中での観覧

毎晩4回公演のうち、最後の一回は「花魁の舞」でそれを楽しみに来ましたが
この日は演目変更で4回とも同じ「二十四節気七十二候の舞」でした

金魚だから雨に呼ばれたのでしょう
花魁は次回のおたのしみ

会場内では日本酒やおでんが楽しめるBARがあります

WCは出口の先にあるため、必ずスタッフからカードをもらって入退場が必要です

美しい金魚たちに魅せられての飲みすぎにはご注意を

↓2014年撮影↓

アートアクアリウム城

京都二条城で開催した「art aquarium城」

アートアクアリウム城

毎晩行われた特別公演

アートアクアリウム城

“京都・金魚の舞”

アートアクアリウム城

劇団荒城

アートアクアリウム城

花形・荒城蘭太郎

アートアクアリウム城

「二十四節気七十二候の舞」

アートアクアリウム城

目を閉じたまま、美しい女形が舞台に現れ

アートアクアリウム城

心を魅了していく

アートアクアリウム城

〈花魁 Oiran〉前 特設舞台

アートアクアリウム城

目にも止まらぬスピードで扇が舞う

アートアクアリウム城

息をするのも忘れてシャッターを切る

アートアクアリウム城

扇の向こうからの笑顔にクラリ

アートアクアリウム城

もう一度見たい―

アートアクアリウム城

1時間待って、二回公演を愉しませていただきました

関連記事;アートアクアリウム 大阪

アートアクアリウム城

*今回の記事はCANON EOS 5D Mark Ⅳにて撮影

📷京都在住の女性カメラマン📷
Facebook Twitter Instagram 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO 

伝統芸能舞台撮影祭事イベント風景料理撮影人物撮影の撮影実績有

撮影のご依頼は✉Mail✉にてご連絡ください

妙心寺塔頭 退蔵院

Taizoin 臨済宗大本山妙心寺 退蔵院・怎么走・行き方・Access
交通:bus「妙心寺前/妙心寺北門前」下車 Free Ticket(一日乗車券)
住所:京都市右京区花園妙心寺町35 map
TEL:075-463-2855
拝観時間:季節限定特別拝観のみ 9~17:00 (10名以上の予約で拝観可能)
URL:退蔵院
拝観料:500円

46もの塔頭がある妙心寺

特別公開中の退蔵院へ

つくばいと水琴窟には季節外れの椿が飾られてました

茶席 大休庵の前は色鮮やかな紅葉

お茶席からの額縁庭園がまた美しい

余香苑(よこうえん)が見える場所はまた違った景色が楽しめます

余香苑の秋の全景もまた見事

贅沢な時間をありがとうございました

↓2016年10月の様子↓

宮本武蔵が修行に励んだという退蔵院へ

参道の青紅葉が秋の景色を想像させる

主は在宅とわかる傘

優しいお顔の観音様

大きな紅枝垂れ桜

桜の時期にも是非来てみたい

陽と陰の庭は桜の時期にはどんな光景なのかワクワクする場所

茶席 大休庵の瓢箪は撮影したくなるポイント

縁側に足をプラプラして座りたくなりますが、
お寺の縁側=仏壇のためできないところも多く
のんびりしているところを妄想

藤棚から余香苑のお庭を拝見

どこを向いても撮影するのが楽しい場所でした

*今回の記事はCANON EOS 5D Mark Ⅳにて撮影

📷京都在住の女性カメラマン📷
Facebook Twitter Instagram 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO 

伝統芸能舞台撮影祭事イベント風景料理撮影人物撮影の撮影実績有

撮影のご依頼は✉Mail✉にてご連絡ください