日別アーカイブ: 2018-09-25

安井金比羅宮 櫛まつり

Yasui konpiragu 安井金比羅宮・怎么走・行き方・Access
交通:bus「東山安井」下車 中文
住所:〒605-0823 京都市東山区東大路松原上ル下弁天町70 map
TEL:075-561-5127 / FAX:075-532-2036
拝観時間:24h
URL:安井金比羅宮
拝観料:無料
年間行事:9月第4月曜 櫛まつり、体育の日付近 秋季金比羅大祭(例祭)

毎年9月第4月曜 櫛まつり 悪縁を切り良縁を結ぶ「安井金比羅宮」
【神事】午後1時 櫛供養式典
【時代風俗行列巡行】午後2時 ※雨天中止

時代風俗行列ルート
安井金比羅宮→祇園石段下→新門前通→花見小路→新橋西入ル→白川南通→巽橋
→花見小路→安井通り→安井金比羅宮

文化クラブ事務局 ミナミ美容室 075-561-2277


東大路通を時代風俗行列が巡行している間に新橋へ移動

新橋西入ル→白川南通→巽橋

辰巳大明神の付近で飲み物が配られ10分ほど休憩
古代モデルは仲良しさんで笑った顔が可愛い

花見小路通り

↓ 2017年 櫛まつり 悪縁を切り良縁を結ぶ「安井金比羅宮」 ↓

毎年9月第4月曜 櫛まつり 悪縁を切り良縁を結ぶ「安井金比羅宮」
【神事】午後1時 櫛供養式典
【時代風俗行列巡行】午後2時 ※雨天中止

時代風俗行列ルート
安井金比羅宮→祇園石段下→新門前通→花見小路→新橋西入ル→白川南通→巽橋
→花見小路→安井通り→安井金比羅宮

文化クラブ事務局 ミナミ美容室 075-561-2277

境内にある「久志塚」で櫛供養の式典が終わり13:30頃から
奉納舞踊「西川流先笄」が行われました

奉納舞の後は地毛結いの伝統的な髪型と風俗衣装での時代風俗行列が始まる

古墳時代の男性の「みずら」、女性の「古墳島田」から始まり
奈良時代高髪髷、双髪髷…と前も後ろも見所満載

撮影に精一杯でどの時代の髪型かわかりませんので、一覧のみ記載いたします

・古墳時代 男性「みずら」 女性「古墳島田」
・奈良時代 高髪髷 双髪髷
・平安時代 白拍子
・鎌倉時代 虫の垂れ衣 侍女
・室町時代 巻き髪
・桃山時代 唐輪
・江戸前期 元禄島田 元禄笄髷 元禄勝山髷 玉川島田 お梶
・江戸中期 笄髷中村蔵之助の妻 春信風・島田 横兵庫 円山髷・笄髷、島田、丸髷 葵髱・つぶ髷
・江戸後期 葵髱・下げ上げ、片はずし 長船(武家母親) 勝山髷(武家姉娘) 奴島田(武家妹娘) 両輪(町家母親) 先笄(町家若嫁) 娘島田(町家姉娘) おしどり、おそめ、お俊(町家) 稚児髷 割り鹿の子 布天神 丸髷
・明治時代 花嫁 芸鼓 桃割れ
・大正時代 花嫁色直し

モデルは一部、美容学生さん

こういう伝統芸能に参加することが出来るなんて素敵

この日のイベントはメイクさんから、いいイベントだと教えて貰って行ってきました

京都のイベントをフワフワ女子カメラ風に撮ってみたかったので、
撮影も色々と試すことも出来て、見ている私も勉強になりました

まるで女性版・時代祭

しかし行列の歩くスピードが速くて、人の多いなかということもあり、なかなか大変な撮影でした

もう少し、ゆっくりと解説を聴きながら見たかったなぁ

境内の舞殿に一人一人、紹介されて出てきてはいるのですが…
小さな舞台の上に3人ほどあがっており、どの方の解説なのか聞き逃してしまうことも多数

とても良いイベントなのでそこが少し残念でした

巽橋 辰巳大明神と花見小路も櫛祭の行列が通ります

巽橋では行列のモデルさんたちは10分間の休憩があり、飲み物を飲んでから出発

少しの時間に視線を送っていただきました

ありがとうございました

関連記事:💘京都で恋愛成就をお願いするときの参考に💘
縁結びを叶える京都女子旅 恋愛パワースポットを巡る!

祭神・神功皇后 美貌、縁結び「若宮八幡宮社(陶器神社)
恋の神様といえばやはりここ!目を閉じて恋占い!「地主神社
永遠のカップル!“秀吉とねね”の寺「高台寺
縁結びと良縁祈願「霊山観音
フォトジェニックでカラフルなくくり猿で縁結び!「八坂庚申堂
悪縁を切り良縁を結ぶ「安井金比羅宮
縁結びの神様「濡髪さん」濡髪大明神 (知恩院
舞妓さんも芸能上達を祈願されている「巽橋 辰巳大明神
宮様との恋!恋多き女流歌人・和泉式部 恋授け「鈴成り輪」誠心院
京の台所・錦市場のつきあたり「錦天満宮
縁結びの柳 地ずり柳「六角堂

📷京都散歩の旅📷 ✉mail✉ profile
京都の桜 京都の祭 行事 イベント 京都の紅葉 秋の風景 京都の雪景色
パワースポット ご利益さん portrait photo writer
Facebook Twitter Instagram 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO

妙心寺塔頭 退蔵院

Taizoin 臨済宗大本山妙心寺 退蔵院・怎么走・行き方・Access
交通:bus「妙心寺前/妙心寺北門前」下車 Free Ticket(一日乗車券)
住所:京都市右京区花園妙心寺町35 map
TEL:075-463-2855
拝観時間:季節限定特別拝観のみ 9~17:00 (10名以上の予約で拝観可能)
URL:退蔵院 Instagram Twitter Facebook
拝観料:500円

↓ 2018年3月末 春 桜 ↓


桜撮影🌸一年越しの夢が叶いました






↓ 2017年12月 紅葉 ↓

46もの塔頭がある妙心寺

特別公開中の退蔵院へ

つくばいと水琴窟には季節外れの椿が飾られてました

茶席 大休庵の前は色鮮やかな紅葉

お茶席からの額縁庭園がまた美しい

余香苑(よこうえん)が見える場所はまた違った景色が楽しめます

余香苑の秋の全景もまた見事

贅沢な時間をありがとうございました

↓2016年10月の様子↓

宮本武蔵が修行に励んだという退蔵院へ

参道の青紅葉が秋の景色を想像させる

主は在宅とわかる傘

優しいお顔の観音様

大きな紅枝垂れ桜

桜の時期にも是非来てみたい

陽と陰の庭は桜の時期にはどんな光景なのかワクワクする場所

茶席 大休庵の瓢箪は撮影したくなるポイント

縁側に足をプラプラして座りたくなりますが、
お寺の縁側=仏壇のためできないところも多く
のんびりしているところを妄想

藤棚から余香苑のお庭を拝見

どこを向いても撮影するのが楽しい場所でした


📷京都散歩の旅📷 ✉mail✉ profile
京都の桜 京都の祭 行事 イベント 京都の紅葉 秋の風景 京都の雪景色
パワースポット ご利益さん portrait photo writer
Facebook Twitter Instagram 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO