月別アーカイブ: 2018年5月

三船祭

三船祭

11:00~15・00 拝服席 (千葉宗匠社中ご奉仕 神事の間は中断)
12:00 参進行列 (十二単・直垂・水干・狩衣などの装束での行列)
13:00 神事 祈願祭 主催者代表挨拶 ご神酒の鏡開き 献茶式 出船
13:40~15:00 船遊び 奉納行事 (御座船、龍頭船、鷁首船、御伴船)

三船祭は車折神社のお祭りで渡月橋にて毎年五月第三日曜に行われます

三船祭の「三船」とは
「三船の才」…漢詩、和歌、管弦の才能のこと

千葉宗立宗匠 ご奉仕 御座船に座す御祭神に献茶



船遊び・奉納行事

御座船(ござぶね)
車折神社のご祭神・清原頼業公(きよはらよりなり)の御分霊の座す船 扇流し

「扇流し」は天竜寺を参詣した際に足利将軍が大堰川で除災祈願したため行われます

車折神社の御祭神と同族である清少納言が扇を流す姿が優雅で美しい

除災祈願を託して扇を流しているのですが
扇が川に沈む前に小さなボートで観覧している方が記念にと拾います
(厄を貰って帰っていると思うとちょっとシュールな光景)

龍頭船 いちひめ雅楽会 曲:迦陵頻(かりょうびん)、蘭陵王(らんりょうおう)

極楽浄土に住む人面鳥身で美しい仏の声を持つ霊鳥・迦陵頻伽(かりょうびんが)

絶世の美貌、眉目秀麗な名将・蘭陵王(らんりょうおう)が
獰猛な仮面をかぶって戦をしたところ大勝したという曲が船の上で優雅に舞われました

鷁首船(げきすせん) 日本謌舞楽会

鷁首船(げきすせん)では和歌を歌ったり、舞が舞われたりと雅な光景が楽しめる


中国の想像上の水鳥・鷁首(げきす)が船首の船の上での「三船祭」という舞です


来年は参進行列の撮影をメインにしようと思います!
願わくば船の上から扇流しも撮影したい(どなたか是非ご一緒に…)

↓2015年5月の「車折神社 三船祭」の記事↓

車折神社「三船祭」

車折神社三船祭が嵐山の渡月橋で行われました

車折神社「三船祭」

普段の車折神社境内の様子はこちら

車折神社「三船祭」

2015年の「清少納言」役は元宝塚歌劇団員の舞台女優・千葉吉美さん

車折神社「三船祭」

渡月橋の南側の中之島公園から、北側の舟遊びをする斎行をする場所までの
清少納言行列は次回のお楽しみにして、今回は舟遊びの場所で撮影

車折神社「三船祭」

車折神社「三船祭」

「千葉宗立」宗匠による野点と献茶

車折神社「三船祭」

清少納言行列に参列した方々が船に乗り込んだ後、お抹茶席が開放されました

車折神社「三船祭」

平安時代の舟遊びを再現した「三船祭」を抹茶をいただきながら眺める

車折神社「三船祭」

ボートや遊覧船と、船からの観覧もいいですね

車折神社「三船祭」

清少納言が川に扇を浮かべると、
本来はその扇が浮かんでいる姿を愛でるのですが、
船で観覧している方がみんな回収するので、あっという間に扇が川からなくなりました

車折神社「三船祭」

日差しの強さも忘れ、風流な光景に見入る

いや、優雅、優雅

車折神社「三船祭」

Togetsu-kyo Togetu bridge 渡月橋・怎么走・行き方・Access
交通:bus「嵐山公園」下車 中文
住所:京都市右京区嵐山 map
TEL:075-861-0012 嵐山保勝会
拝観時間:24h
URL:ようこそ渡月橋 嵐山保勝会 渡月橋 早わかりNavi
拝観料:無料 (三船祭の抹茶席600円/毎年五月第三日曜 12時半~)

Kurumazaki jinja shrine 車折神社・怎么走・行き方・Access
交通:bus「車折神社前」下車 中文
住所:京都市右京区嵯峨朝日町23 map
TEL:075-861-0039
URL:車折神社 ※三船祭は車折神社のお祭りで渡月橋にて毎年五月第三日曜から行われます
拝観料:無料


📷京都在住の女性カメラマン📷 ✉mail✉ profile English/中文
京都の桜 京都の祭 行事 イベント 京都の紅葉 秋の風景 京都の雪景色
パワースポット ご利益さん 京都散歩の旅 portrait photo writer
Facebook Twitter Instagram 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO

天道神社

Tendo jinja shrine 天道神社・怎么走・行き方・Access
交通:bus「四条大宮/四条堀川」下車 Free Ticket(一日乗車券)
住所:京都市下京区 仏光寺通猪熊西入西田町615 map
TEL:075-821-2973
拝観時間:24h
URL:天道神社
拝観料:無料
主要行事:5/17天道花神事、11/3例大祭併神幸祭

毎年5/17 11:00から行われる天道神社の天道花神事

境内には明治天皇の皇后・昭憲皇太后の御胞衣(胎盤)塚があり、
この5/17は皇太后御誕生の日のため「顕彰」も行なわれます

塚には昭憲皇太后が生前好きだったという花菖蒲が供えられていました

この花祭りの一種や鯉のぼりの原型といわれている伝承的行事は
近畿・中国・四国地方で見られた風習ですが
現在、京都ではこの天道神社でしか見られません

天道とはおてんとうさまのこと

長い竿の先には三方向に榊、藤や躑躅、石楠花などの五種類の花

旧暦4月8日はお釈迦様の誕生日のため「お釈迦様の花」とも呼ばれます

飾られている和歌は「千はやぶる卯月八日は吉日よ かみさけ虫をせいばいぞする」
(花まつりで使われる甘茶には虫よけ効果があるため)

おてんとうさまに感謝を捧げ、五穀豊穣を祈る神事です

竹竿の途中には折敷がつけられ、おはぎがお供えされます

手水、修祓、献饌の儀、祝詞奏上、玉串奉奠、
最後は参加者全員がお神酒と洗米、おさがり(紅白まんじゅう)をいただき終了

またこの天道花神事は
織田信長が上杉謙信に贈った国宝上杉本「洛中洛外図屏風」にも描かれています

お花は午後には下げられるそうなので、前日5/16、または5/17のみ拝見可能です


📷京都在住の女性カメラマン📷 ✉mail✉ profile English/中文
京都の桜 京都の祭 行事 イベント 京都の紅葉 秋の風景 京都の雪景色
パワースポット ご利益さん 京都散歩の旅 portrait photo writer
Facebook Twitter Instagram 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO

葵祭

Aoi matsuri festival 葵祭・怎么走・行き方・Access
交通:bus「上賀茂神社前」下車 中文 map
URL:葵祭 京都新聞 賀茂祭(葵祭)上賀茂神社 下鴨神社
拝観料:無料 (有料席2050円 京都御苑(建礼門前南側)・下鴨神社参道)
関連行事:5/1賀茂競馬足汰式、5/4斎王代女人列御禊神事

「デジスタイル京都」京都のことを愛しすぎて、住んでしまった 女性カメラマンが “ほんまもんの京の舞台”を撮る!
第一回【葵祭】 源氏物語にも出てくる平安時代の京都三大祭を撮る!

↑ 👘 こちらも是非ご覧ください 👘 ↑

下鴨神社で行われる社頭の儀

勅使は祓いを受け参進

下鴨神社の祭神は女性の玉依媛命(たまよりひめのみこと)であるため
剣の間(↑写真後方の御簾が降りている場所↑)で剣を解かれます

五穀豊穣を願う御幣物が本殿に収められます

社頭の儀では馬から降り、風流傘なども南口鳥居の前に置かれ、
牛車など、すべての行列が参進してくるわけではありません

斎王代が裾を持った童女とともに参進

2018年の斎王代はお母様も斎王代をされたそうです

神服殿に女人とともに斎王代が鎮座

内蔵使代(くらつかい)から御祭文を受け取り、勅使が舞殿で紅の御祭文を奏上

微音で行われるため、全く声は聞こえません

唐櫃から御幣物が取り出され、中門前の左右に置かれます

宮司が勅使に神宣を伝え、大神様からの葵桂を勅使にお渡しします

続いて「牽馬の儀」
馬寮使代(めりょうつかい)が神馬二頭を西から東に三度、舞殿の周りを回ります

神殿に向かって礼をする際に白馬が一緒に頭を下げるのがほほえましく、笑い声があがります

舞人による東游(あずまあそび)「駿河舞」「求子(もとめご)舞」奉納

片袖をおろしてもう一度、舞殿で舞います

ちはやぶる鴨の社の姫小松
万代ふとも色はかわらじ

勅使が退下され社頭の儀は終了

本殿では御幣物を納める儀式が行われます(撮影厳禁ですが拝見することは可能)

舞殿では狂言、糺の森では走馬の儀が行われます

社頭の儀は当日でも5000円をお納めすれば参加可能
また御朱印は葵祭当日のみの特別なものもお受けすることができます

↓ 2017/5/15 下鴨神社 糺の森 ↓

葵祭の路頭の儀(行列)ルートは 10:30 京都御所 → ︎11:40 下鴨神社 ︎→ 15:30 上賀茂神社
下鴨神社 ︎と 上賀茂神社 では社頭の儀(儀式)がそれぞれ1時間半前後、行われます)

10時頃に下鴨神社の糺の森に到着

舞妓さんを3人も連れた紳士が、「社頭の儀」の観覧に進んで行きました

↑葵祭の始まりと言われる「走馬の儀」が行われる場所も、このときは静か

糺の森の入口では「葵祭」という文字が入った限定の御朱印をお受けすることが出来ます

下鴨神社は有料観覧席以外からは小川を挟んだ木々の間からしか観覧が難しい

隣の人から「植物園付近から上賀茂神社までの沿道がオススメですよ」と教えていただき移動

外国人インタビュアーが芸妓さんに扮装して沿道へ入って来ましたが、すぐに追い出されてました

藤の花で飾られた牛車が小さな童にひかれてやってきました

葵祭のメイン!斎王代(さいおうだい)が腰輿(およよ)に乗ってやってきました

2017年は史上初の3姉妹での参加だそうで、妹さんが斎王代になったと放送されていました

Canon EF85mm F1.8 USM、初❤EF135mm F2L USMにて撮影

↓ 2015年5月15日 上賀茂神社 ↓

葵祭

2014年は沿道で観覧し、2015年は上賀茂神社の有料観覧席で撮影してきました!

葵祭

沿道との違いは、鳥居のところで牛車から降ります

牛車や馬は鳥居の中に入って来ません

葵祭

全員、徒歩での行列となり、入口付近で行列に参加しない方も出てきます

葵祭

そのため、初めて見る方は沿道で行列を見るほうがおもしろいかもしれません

葵祭

有料観覧席は当日でも買う事ができ、座って観覧できるのが強み

葵祭

別名「雨祭」と呼ばれるほど、葵祭は雨が降ることが多いそうですが
2015年は暑さで参るほどのお天気に恵まれたのも良かったです

葵祭

主役の斎王代(さいおうだい)が腰輿(およよ)から降りて歩いてきました

葵祭

後姿を見るのもなかなかおもしろい

葵祭

暑さでばててる子供たちも結構おりました

葵祭

行列が終わると、二ノ鳥居の中で神事が行われます

葵祭

一般客からは全く見えない位置で行われ、アナウンスだけが流れます

葵祭

1時間ほど待っていると、メインイベントの騎馬が見られます

 

葵祭


📷京都在住の女性カメラマン📷 ✉mail✉ profile English/中文
京都の桜 京都の祭 行事 イベント 京都の紅葉 秋の風景 京都の雪景色
パワースポット ご利益さん 京都散歩の旅 portrait photo writer
Facebook Twitter Instagram 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO