日別アーカイブ: 2018-03-09

八坂の塔・法観寺

Hokanji Yasaka no tou 八坂の塔 臨済宗建仁寺派 霊応山 法観寺・怎么走・行き方・Access
交通:bus「清水道」下車 Free Ticket(一日乗車券)
住所:京都市東山区清水八坂上町388 map
TEL:075-551-2417
拝観時間:不定期 電話にて要確認
URL:京都観光Navi
拝観料:400円

毎年三月に行われる京都・東山花灯路 2018/3/9~18 18:00~21:30

特別拝観とライトアップ
青蓮院知恩院八坂神社圓徳院高台寺法観寺(夜間特別拝観無)、清水寺

毎日19時と20時に知恩院を出発する狐の嫁入り
行列順序 知恩院三門円山公園ねねの道→春光院→高台寺天満宮→高台寺

八坂神社では土日の18:30、19:00、19:30に京都五花街・舞妓さんの舞が行われます

法観寺の見える位置は大人気でカメラマンと観光客でいっぱい

21時ごろになると人は少ないですが付近のお店のゴミ出しが行われます

高台寺付近からは法観寺と京都タワーとの競演も見られます

↓ 2017年夏 内部拝観 ↓

祇園・東山満喫☆撮影ツアー!」にて
婚礼前撮りや、レンタル着物での京都撮影散歩の旅、エンゲージメントフォトなど
八坂の塔は祇園撮影で良く行きますが、今回は内部拝観についてのご紹介です

高さ46m、重要文化財の五重塔

八坂の塔は主に土日に拝観可能なようですが、
15時半くらいで閉まったりもするため、電話にて要確認

五重塔の内部に入ると、本尊の金剛界の五仏

589年に聖徳太子が如意輪観音からの夢のお告げで建てたといわれている八坂の塔

壁の絵や色も残っており感動

パンフレットによると創建当時は須弥壇や仏像はなく、
礎石の舎利孔に舎利器を釈迦牟尼仏として納めていたそうです

「金剛界の五仏」ということでしたが、柱の周りにあるのは大きな仏像が四体

もしかすると…この大きな仏様の上にある小さな仏様が5つ目なのでしょうか↓

と、謎に思っておりましたら仏欲観音さんから
「心柱が金剛界での中心仏のため五仏です」と教えていただきました(感謝!!)

狭い通路の奥には一方通行の昇り専用の急な階段

二階に上がると心柱一本で塔全体の支えているのが良く見ることができます
(拝観可能なのは二階まで)

下り専用の階段の途中から、仏様を俯瞰で眺める

お庭には京都市指定・登録有形文化財の太子堂と薬師堂もあります

拝観可能な日に遭遇したときは是非お立ち寄りを

*今回の記事はCANON EOS 5D Mark Ⅳにて撮影

📷京都在住の女性カメラマン📷 ✉mail✉ profile English/中文
京都の桜 京都の祭 行事 イベント 京都の紅葉 秋の風景 京都の雪景色
伝統芸能舞台撮影風景料理撮影人物撮影
Facebook Twitter Instagram 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO

高台寺

Kodaiji 臨済宗 建仁寺派 鷲峰山 高台寺・怎么走・行き方・Access
交通:bus「祇園/東山安井」下車 中文
住所:京都市東山区高台寺下河原町526番地 map
TEL:075-561-9966
拝観時間:9:00~17:00 受付終了 17:30 閉門 ライトアップは日没~21:30まで
URL:高台寺
拝観料:600円

関連記事①:💘京都で恋愛成就をお願いするときの参考に💘
縁結びを叶える京都女子旅 恋愛パワースポットを巡る!
祭神・神功皇后 美貌、縁結び「若宮八幡宮社(陶器神社)
恋の神様といえばやはりここ!目を閉じて恋占い!「地主神社
永遠のカップル!“秀吉とねね”の寺「高台寺
縁結びと良縁祈願「霊山観音
フォトジェニックでカラフルなくくり猿で縁結び!「八坂庚申堂
悪縁を切り良縁を結ぶ「安井金比羅宮
縁結びの神様「濡髪さん」濡髪大明神 (知恩院
舞妓さんも芸能上達を祈願されている「巽橋 辰巳大明神
宮様との恋!恋多き女流歌人・和泉式部 恋授け「鈴成り輪」誠心院
京の台所・錦市場のつきあたり「錦天満宮
縁結びの柳 地ずり柳「六角堂

関連記事②:
「デジスタイル京都」京都のことを愛しすぎて、住んでしまった 女性カメラマンが “ほんまもんの京の舞台”を撮る!

第四回【高台寺】百鬼夜行の最後はどうなる?!閻魔様も恋する地獄太夫がお出迎え!夏の2つの特別拝観

毎年三月に行われる京都・東山花灯路 2018/3/9~18 18:00~21:30

特別拝観とライトアップ
青蓮院知恩院八坂神社圓徳院高台寺法観寺(夜間特別拝観無)、清水寺

毎日19時と20時に知恩院を出発する狐の嫁入り
行列順序 知恩院三門円山公園ねねの道→春光院→高台寺天満宮→高台寺

八坂神社では土日の18:30、19:00、19:30に京都五花街・舞妓さんの舞が行われます

「春の夜間特別拝観」桜とプロジェクションマッピング

夏「百鬼夜行展」ユーモラスな提灯と百鬼夜行絵巻、地獄太夫の掛軸などの公開

「デジスタイル京都」京都のことを愛しすぎて、住んでしまった 女性カメラマンが “ほんまもんの京の舞台”を撮る!
第四回【高台寺】百鬼夜行の最後はどうなる?!閻魔様も恋する地獄太夫がお出迎え!夏の2つの特別拝観 妖怪堂 冥途カフェ

「夏の夜間特別拝観」紅葉の時期、写りこみが美しい臥龍池

百鬼夜行プロジェクションマッピングが公開されます

「秋の夜間特別拝観」落ちた紅葉もまた美しい

冬 圓徳院から高台寺に続く参道も美しい雪景色に

↓ 2017年11月下旬 秋の夜間特別拝観ライトアップ ↓

「秋の夜間特別拝観」は人気のライトアップで、入場の時点で長蛇の列

圓徳院でセット券を購入して入場すると、並ばずに入れます

2017/12/10まで楽しめます

↓2017年4月の桜↓

高台寺「春の夜間特別拝観」

夜間入替はなく、18:30頃から「万華鏡ファンタジー」ライトアップが始まりました

嵐山の竹林の小径に行きたくなるライトアップを堪能いたしました

↓2016/8「燈明会 百鬼夜行展」の様子↓

高台寺 燈明会 百鬼夜行展

高台寺は豊臣秀吉とねねの寺

夏にはお化けたちが集まる百鬼夜行展と夜間ライトアップ(8/1~18)が行われます

高台寺 燈明会 百鬼夜行展

今宵、涼を求めて物の怪たちに逢いに来たのは
中国大蓮にて「Living Style」というインテリア&写真スタイリング教室
フォトスタイリングの講師をしているAnnie黄峰麗さん


庭園から祇園祭の山鉾を模した大雲院 祇園閣(通称・銅閣)も見えました

高台寺 燈明会 百鬼夜行展

エレクトロニック・ダンス・ミュージックの音に誘われて庭園にやってくると
お化けたちが現れては消えるプロジェクションマッピングが行われていた

高台寺 燈明会 百鬼夜行展

法輪寺でのデジタル掛け軸も素晴らしかったことを思い出す

夏の夜にぴったりな冥途カフェ「妖怪堂」で妖怪の話に華を咲かせるのも一興

珍しい二階建てのお茶室や、竹林の陰から月の姿も見ることが出来ました

参道の提灯も、この時期だけお化けの絵が入っていますよ

高台寺 燈明会 百鬼夜行展

📷京都散歩の旅📷 ✉mail✉ profile
京都の桜 京都の祭 行事 イベント 京都の紅葉 秋の風景 京都の雪景色
パワースポット ご利益さん portrait photo writer
Facebook Twitter Instagram 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO

天台宗 青蓮院門跡

TENDAI SECT SHORENIN ・怎么走・行き方・Access
交通:bus「神宮道/知恩院前」、地下鉄東西線 「東山駅」下車下車 中文
住所:京都市東山区粟田口三条坊町69-1 map
TEL:075-561-2345
拝観時間:9:00~17:00
URL:天台宗 青蓮院門跡
拝観料:500円

毎年三月に行われる京都・東山花灯路 2018/3/9~18 18:00~21:30

青蓮院門跡から清水寺までの道の花灯路によるライトアップも見所

開催時期にあわせて夜間の特別拝観があり青蓮院もライトアップされております

特別拝観とライトアップ
青蓮院知恩院八坂神社圓徳院高台寺法観寺(夜間特別拝観無)、清水寺

毎日19時と20時に知恩院を出発する狐の嫁入り
行列順序 知恩院三門円山公園ねねの道→春光院→高台寺天満宮→高台寺

八坂神社では土日の18:30、19:00、19:30に京都五花街・舞妓さんの舞が行われます

↓ 2017年5月 夜間の特別拝観 青蓮院ライトアップ ↓

夜間の特別拝観 青蓮院ライトアップへ

本尊「熾盛光如来」の光と、国宝青不動明王の炎の光を表しています

大地が夜空の星のように瞬く

どんな風に撮影しようかと試行錯誤して、あっという間に時間が過ぎてゆく

また今度、ゆっくりと色々な撮影方法をもっと試してみたい

↓2015年7月下旬 ポートレート撮影↓

ライトアップの時は大地に星がまたたいているようですが、
昼間に来るとまったく違うお庭の姿が見られる青蓮院門跡

ichikaの飛鳥 桔梗さんと一緒にやってきました

天皇様が見ていたお庭をバックにシルエット撮影☆

普段、ポーズはこちらからお願いするのですが、
自由に動いてもらいました

↑こんな扇を使った仕草、知らなかった~
襟が崩れるので、あまり出来ないそうですがキマッてますね☆

足元から、見えなくても指先までのちょっとした動作が
ちゃんと写真には写る

西本願寺島原 角屋もてなしの文化美術館と来て、
ここでも外国人から「Photo OK?」と何度も聞かれました

国際親善!と気軽にOK
やっぱり着物は日本人を美しく魅せる民族衣装だわ

*今回の記事はCANON EOS 5D Mark Ⅳにて撮影

📷京都在住の女性カメラマン📷 ✉mail✉ profile English/中文
京都の桜 京都の祭 行事 イベント 京都の紅葉 秋の風景 京都の雪景色
伝統芸能舞台撮影風景料理撮影人物撮影
Facebook Twitter Instagram 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO