月別アーカイブ: 2017年12月

東福寺塔頭 光明院

光明院 Tofuku-ji Komyouin・怎么走・行き方・Access
臨済宗東福寺派 慧日山(えにちさん) 光明院
交通:bus「東福寺」下車 徒歩10分 中文
住所:京都市東山区本町15−809 map
TEL:075-561-7317
拝観時間:8:30~日没
URL:京都観光Navi Kyoto Design
拝観料:300円
本尊:釈迦如来 創建:1391年(明徳2) 開山/開基/開創:金山明昶(きんざんめいしょう)

別名「苔の虹寺」東福寺塔頭 光明院

禅語「雲ハ嶺上ニ生ズルコトナク、月ハ波心ニ落ツルコト有リ」から名のついた「波心の庭」

庭には茶亭「蘿月庵(らげつあん)」も配置されています

↓2015年8月 ポートレート撮影↓

東福寺 光明院

いつ来ても貸し切り状態でゆったりと拝観できる光明院

東福寺 光明院

夏の庭を眺めながら、心を見つめてみる時間

東福寺 光明院

暑さも浴衣を着ていると何か涼やか

東福寺 光明院

扇子を持ってポーズ

東福寺 光明院

最後にちょっと萌えカット☆

東福寺 光明院

笑顔の瞬間をおさえます

*「京都のユニークな体験が満載!京都観光予約サイト オスキョー」の新企画で、
嵐山伏見稲荷大社の撮影してきました♪

「大勢は好まない」「心してお参りするように」という場所なので、
撮影の合間にこちらで一休み…の際にパチリ☆

東福寺 光明院

↓2015/7の記事↓

 東福寺 光明院

作庭家・重森三玲

 東福寺 光明院

枯山水庭園「波心庭」

 東福寺 光明院

入口には「大勢は好まない」「心してお参りするように」と厳しい言葉が並んでいる

 東福寺 光明院

東福寺から近いのに貸切状態のよう

 東福寺 光明院

贅沢な時間を過ごしました

 東福寺 光明院

障子の間から見える庭、ガラスに映る庭がまた美しい

 東福寺 光明院

ちょっとした場所も撮影したくなってしまう

 東福寺 光明院

最近、お寺巡りは好きですが、
撮影に煮詰まっていたのも、ここに来てほどけたような感じ

 東福寺 光明院

「虹の苔寺」とも言われるだけあって、見応え満載

 東福寺 光明院

静かで、やさしい風が通り抜ける

 東福寺 光明院

今度は秋に来よう

 東福寺 光明院

*今回の記事はCANON EOS 5D Mark Ⅳにて撮影

📷京都在住の女性カメラマン📷
京都の桜 京都の祭 行事 イベント 京都の紅葉 秋の風景 京都の雪景色

Facebook Twitter Instagram 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO

伝統芸能舞台撮影祭事イベント風景料理撮影人物撮影の撮影実績有

撮影のご依頼は✉Mail✉にてご連絡ください

御寺泉涌寺別当 来迎院

Raigouin 御寺泉涌寺別当 来迎院・怎么走・行き方・Access
交通:bus「泉涌寺道」下車 Free Ticket(一日乗車券)
住所:京都市東山区泉涌寺山内町33 map
TEL:075-561-8813
拝観時間:9:00~17:00
URL:泉涌寺塔頭 来迎院
拝観料:境内無料 含翠庭300円

弘法大使が荒神尊を奉安し、日本最初の三宝荒神尊となった御寺泉涌寺別当「来迎院」

勝軍地蔵大菩薩は大石内蔵助の念持物

本尊は阿弥陀如来

他に幻夢観音像などが本堂にあります

弘法大師が独鈷で掘ったという名水「独鈷水」

独鈷水で目を洗うと不自由な目が見えるようになったという話が残っています

他にもいろいろな病を治すという独鈷水が境内に湧き出ている

その独鈷水を味わうために大石内蔵助が建立した茶室「含翠軒」

大石筆の扁額「含翠」もかかっており、茶釜や自筆の絵が今も来迎院には残っています

紅葉の隠れた穴場

苔むしたお庭「含翠庭」に紅葉が映えて美しい

蹲(つくばい)も苔むして自然と一体に

お庭を眺めながらお抹茶をいただくことも可能です(お庭の拝観料込400円)

*今回の記事はCANON EOS 5D Mark Ⅳにて撮影

📷京都在住の女性カメラマン📷
京都の桜 京都の祭 行事 イベント 京都の紅葉 秋の風景 京都の雪景色

Facebook Twitter Instagram 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO

伝統芸能舞台撮影祭事イベント風景料理撮影人物撮影の撮影実績有

撮影のご依頼は✉Mail✉にてご連絡ください

善能寺

善能寺・怎么走・行き方・Access
交通:bus「泉涌寺道」下車 Free Ticket(一日乗車券)
住所:京都市東山区泉涌寺山内町 map
TEL:075-561-1551(泉涌寺)
拝観時間:9:00~17:00
URL:泉涌寺塔頭 善能寺
拝観料:無料

日本最初の稲荷大明神と
枳尼(だきに)尊天を祀る泉涌寺塔頭「善能寺」

本尊は観世音菩薩

俳匠・萩原井泉水「南無観世音 藤はようらく 空に散る」

泉涌寺側から境内を望む景色もまた味があります


*今回の記事はCANON EOS 5D Mark Ⅳにて撮影

📷京都在住の女性カメラマン📷
京都の桜 京都の祭 行事 イベント 京都の紅葉 秋の風景 京都の雪景色

Facebook Twitter Instagram 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO

伝統芸能舞台撮影祭事イベント風景料理撮影人物撮影の撮影実績有

撮影のご依頼は✉Mail✉にてご連絡ください