月別アーカイブ: 2017年10月

沙沙貴神社 佐佐木大明神 近江源氏祭

Sasaki jinja shrine 沙沙貴神社 佐佐木大明神・怎么走・行き方・Access
交通:JR琵琶湖線安土駅徒歩15分
住所:〒521-1351 滋賀県近江八幡市安土町常楽寺一番地 map
TEL:0748-46-3564
拝観時間:24h
URL:沙沙貴神社 佐佐木大明神
拝観料:無料

佐佐木源氏発祥の地、滋賀県安土に鎮座する沙沙貴神社「近江源氏祭」

奉納舞をされる舞花さんからのお誘いということと
私の苗字は佐々木なので、これも何かのご縁と愉しみにしていたお祭り

参加者の方から「今日は佐々木でいっぱいですよ」「あなたは何代目?」と声をかけていただく

修祓(しゅばつ)の儀にて神職が祓詞(はらいことば)を唱え、お祭りが始まった

舞殿と本殿を神職が移動しお祈りやお祓いをし、場が清められていく

森の中にある広い境内は綺麗に砂線が引いてあり
撮影で歩き回るのも申し訳なくなるほど掃き清められています

このお祭りに来ることができ、撮影も出来ることに感謝しながらシャッターを切る

平和と繁栄を祈る近江源氏祭

10時半から祭は始まり、10:40に「胡蝶」の舞い、
玉串奉奠の後は関係者の撮影という地域に根差した静かなお祭りです

神輿蔵には立派な神輿が三台も鎮座

十二支の干支の庭、少彦名の石、出逢いの椙檜(しょうかい/すぎひのき)など見所の多い境内と
樹々に囲まれた参道とやさしい雰囲気のパワースポットでした

*今回の記事はCANON EOS 5D Mark Ⅳにて撮影

京都在住の女性カメラマン 📷アイシェ ayse 愛謝📷
Facebook Twitter Instagram 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO 

伝統芸能舞台撮影祭事イベント風景料理撮影人物撮影の撮影実績有

撮影のご依頼は✉Mail✉にてご連絡ください

大鳴門橋

Oonaruto kyo bridge 大鳴門橋・怎么走・行き方・Access
住所:徳島県鳴門市鳴門町(鳴門公園内) map
TEL:088-683-6262
URL:大鳴門橋遊歩道 渦の道 Facebook
営業時間:9:00~17:00 3・6・9・12月の第2月曜日休

神戸三宮からJR四国バス阪神バスに乗り約一時間半で「鳴門公園口」に到着!

鳴門公園口を降りると目の前は
渦の発生についてよくわかる「徳島県立大鳴門橋架橋記念館エディ

そこから5分程歩くと、橋から渦を楽しめる「大鳴門橋遊歩道 渦の道」があります

大きな渦を見るチャンスは一日二回

毎日、満潮、干潮の時間は変わります

潮見表はこちら

長い通路の途中途中にベンチ付の広場があり、ガラスの床から海の様子が眺められます

今回は大渦の時間帯に合わせてクルーズ!

渦の道からクルーズの入口まで歩くとちょっとした距離があるので、
時間よりも少し早めに到着するように行くといいですよ

私の場合は近くのホテルに宿泊していたため、行きも帰りも車で送迎していただきました♪
帰りも車で戻っていただけるのは大変助かりました…♡

鳴門金時など徳島の名産品を販売しているお土産物屋さんを物色していると
待望のクルーズの時間がやってきました!

「うずしお最前線ゆき」という文字にじわる

イタリアのメッシーナ海峡、カナダのセイモア海峡と並び
「世界三大潮流」に数えられる徳島の渦潮

「小さな船だと迫力満点ですよ」と渦の道のチケット売り場の係員さんが教えてくれたとおり、
写真を撮ろうと両足で踏ん張るものの右に左にと揺れる揺れる!

スマホ撮影をする際は海に落とさないように要注意☆

揺れに注意しながらカメラを構えると向こうから帆船がやってきました

まるで海賊映画のような風景!

良い写真が撮れました(*´ω`*)

*今回の記事はCANON EOS 5D Mark IIIにて撮影

京都在住の女性カメラマン 📷アイシェ ayse 愛謝📷
Facebook Twitter Instagram 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO 

伝統芸能舞台撮影祭事イベント風景料理撮影人物撮影の撮影実績有

撮影のご依頼は✉Mail✉にてご連絡ください