月別アーカイブ: 2017年10月

沙沙貴神社 佐佐木大明神 近江源氏祭

Sasaki jinja shrine 沙沙貴神社 佐佐木大明神・怎么走・行き方・Access
交通:JR琵琶湖線安土駅徒歩15分
住所:〒521-1351 滋賀県近江八幡市安土町常楽寺一番地 map
TEL:0748-46-3564
拝観時間:24h
URL:沙沙貴神社 佐佐木大明神
拝観料:無料

佐佐木源氏発祥の地、滋賀県安土に鎮座する沙沙貴神社「近江源氏祭」

奉納舞をされる舞花さんからのお誘いということと
私の苗字は佐々木なので、これも何かのご縁と愉しみにしていたお祭り

参加者の方から「今日は佐々木でいっぱいですよ」「あなたは何代目?」と声をかけていただく

修祓(しゅばつ)の儀にて神職が祓詞(はらいことば)を唱え、お祭りが始まった

舞殿と本殿を神職が移動しお祈りやお祓いをし、場が清められていく

森の中にある広い境内は綺麗に砂線が引いてあり
撮影で歩き回るのも申し訳なくなるほど掃き清められています

このお祭りに来ることができ、撮影も出来ることに感謝しながらシャッターを切る

平和と繁栄を祈る近江源氏祭

10時半から祭は始まり、10:40に「胡蝶」の舞い、
玉串奉奠の後は関係者の撮影という地域に根差した静かなお祭りです

神輿蔵には立派な神輿が三台も鎮座

十二支の干支の庭、少彦名の石、出逢いの椙檜(しょうかい/すぎひのき)など見所の多い境内と
樹々に囲まれた参道とやさしい雰囲気のパワースポットでした

*今回の記事はCANON EOS 5D Mark Ⅳにて撮影

京都在住の女性カメラマン 📷アイシェ ayse 愛謝📷
Facebook Twitter Instagram 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO 

伝統芸能舞台撮影祭事イベント風景料理撮影人物撮影の撮影実績有

撮影のご依頼は✉Mail✉にてご連絡ください

世界遺産 奈良薬師寺

Yakushiji Temple 法相宗 奈良薬師寺・怎么走・行き方・Access
交通:近鉄「西ノ京」駅下車すぐ
住所:630-8563 奈良県奈良市西ノ京町457 map
TEL:0742-33-6001
拝観時間:8:30~17:00
URL:奈良薬師寺 公式サイト|Yakushiji Temple Official Web Site
拝観料:季節による 800~1100円

沙沙貴神社 近江源氏祭の撮影のあと、舞花さん
第四十代天武天皇の天武忌・万燈会が行われる奈良薬師寺

薬師寺は近鉄「西ノ京」を降りてすぐ

滋賀から京都経由で奈良まで来たので、まずは野点席で一服

青空の下、千を超える燈篭が食堂(じきどう)の前に並べられていました

去年までは万燈会を金堂で行っていましたが、
今年2017年から新しく建てられた食堂で音楽会などのイベントも行うことになりました

金堂は大きな仏像があるため、なかなかイベントがしづらかったのですが
仏像の絵が奉納されている食堂の中は広く600人ほどが収容可能です

7/1~11月末まで食堂特別公開がされております

(中は撮影禁止)

境内の北側には玄奘三蔵院伽藍

中は瀋陽故宮のような造りで、唐の国から文化がやってきたということを感じる

不動堂の前では薬師寺修験咒師本部による柴燈大護摩が始まった

四方八方に矢が放たれ場を清めると、煩悩を表す薪に火がくべられた

先ほど食堂の前を法螺貝を吹いていた山伏の僧たちが集まり、お経の声が響き渡る

護摩の火は不動明王の智慧

密教の秘法である護摩を見ることができました

夕方五時からはお弁当までいただきました

なかなかのボリューム

お寺でいただく美味しいお弁当に感謝

万燈会は18時点灯

天武忌法要が18時半から開始

三野国恵那の里 次米(すきまい)献納、志野流香道 家元 蜂谷宗玄宗匠の献香
原笙会による奉納舞楽が三曲行われました
(式は撮影禁止)

舞花さんオススメの柳花苑(りゅうかえん)という6人舞の女人舞楽がとても優雅
眼福です

*今回の記事はCANON EOS 5D Mark Ⅳにて撮影

京都在住の女性カメラマン 📷アイシェ ayse 愛謝📷
Facebook Twitter Instagram 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO 

伝統芸能舞台撮影祭事イベント風景料理撮影人物撮影の撮影実績有

撮影のご依頼はMailにてご連絡ください

世界遺産 下鴨神社 賀茂御祖神社

下鴨神社 Shimogamo jinja Shine・怎么走・行き方・Access
交通:bus「下鴨神社前/糺の森前/出町柳駅」下車 中文
住所:京都市左京区下鴨泉川町59 map
TEL:075-781-0010
拝観時間:6:30~17:00
URL:賀茂御祖神社 下鴨神社
拝観料:境内無料 特別拝観 800円
関連記事:葵祭 糺の森

下鴨神社の名月管弦祭へ

雅楽、芸能が五穀豊穣・天下泰平を祈願して奉納されます

平成二十九年 名月管弦祭番組

・尺八 新都山流 本曲「鶴の巣籠」
・管弦 平安雅楽会 「越天楽・陪臚」
・筝曲 錦 綾子社中 「琵琶湖周航の歌」「浜辺の歌」「椰子の実」
・筑前琵琶 京都旭城会 「茶臼山」「那須の興市」
・尺八 新都山流 「秋の野」
・筝曲 錦 綾子社中 「Axis アクシス」「カノン」

舞楽 平安雅楽会
「賀殿」

「胡蝶」

「蘭陵王」

舞台前方の会員席が結構がら空きでもったいない…けれど、
後方は外国人もかなりいらっしゃり満員状態

急に冷え込んだ日の夜、空には月が美しく輝いていた

↓2017年の記事↓

美しい糺の森を抜け、下鴨神社へ

葵祭の当日は鳥居に紐が張られ、その向こうでは神主さんが神事を行っていました

境内は干支の絵で飾り付け(↑2016年8月中旬撮影)

境内の奥に進むと鴨の七不思議のうちのひとつで、土用に清水が湧き出る
みたらし団子発祥の地「井上社(御手洗社)」があります

その水泡がみたらし団子になったとか

縁結びの御神木・連理の賢木にお祈り

「幸千(さいせん)」と書いてあり、お賽銭を納めたくなる

隣の相生社も縁結びのお社です

いつでも下鴨神社の御縁がいただけるよう、可愛いお守り「媛守」をいただいていきましょう

↓2016年8月下旬の様子↓

賀茂御祖神社(下鴨神社)今様奉納

下鴨神社の御手洗祭は「足つけ神事」とも呼ばれ、毎年土用の丑の日前後に行われます

下鴨神社 御手洗祭

瀬織津比売命(せおりつひめおみこと)に罪や穢れを祓っていただき、
無病息災を願うお祭りです

下鴨神社 御手洗祭

膝まで冷たい水に浸して歩いたあとは、
鴨葵の紋が入った「鴨のくぼて」と呼ばれる器でご神水をいただきます

下鴨神社 御手洗祭

足形の祈祷木もあり、初穂料200円で無病息災を祈願をすることもできます

下鴨神社 御手洗祭

このみたらし祭の時だけ授与される「かん虫封じ神石」はこの聖なる川で採れた黒い石

小さなお子様がいらっしゃる方は是非、いただいていってくださいね

下鴨神社 御手洗祭

↓2015年10月末の様子↓

下鴨神社 御手洗祭

2015/11/8までの朝日新聞社特別協力 京都非公開文化財特別公開
下鴨神社での今様(白拍子舞)奉納を見に行ってきました

賀茂御祖神社(下鴨神社)今様奉納

一度、途絶えた今様を70年前、先代の方が復活させたとか

賀茂御祖神社(下鴨神社)今様奉納

和歌と白拍子の舞

賀茂御祖神社(下鴨神社)今様奉納

平安時代の終わりを感じる優雅なひととき

賀茂御祖神社(下鴨神社)今様奉納

賀茂別雷神社(上賀茂神社)の石見神楽も観に行こう!

賀茂御祖神社(下鴨神社)今様奉納

11/8まで希少価値の高い特別公開があり、他にも観に行くのが楽しみ

関連記事:葵祭 糺の森

賀茂御祖神社(下鴨神社)今様奉納

*今回の記事はCANON EOS 5D Mark IIIにて撮影

京都在住の女性カメラマン 📷アイシェ ayse 愛謝📷
Facebook Twitter Instagram 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO 

伝統芸能舞台撮影祭事イベント風景料理撮影人物撮影の撮影実績有

撮影のご依頼は✉Mail✉にてご連絡ください