投稿者「ayse」のアーカイブ

粟田神社

↑ 紅葉 ↑

粟田祭 粟田大燈呂

粟田祭 神賑行事
石見神楽 京都瓜子山舞子連中 創作演目『相槌稲荷

石見神楽 京都瓜子山舞子連中 恵比須

石見神楽 京都瓜子山舞子連中 大蛇 (八岐大蛇 ヤマタノオロチ)

神幸祭 剣鉾 子供神輿 ルート

青蓮院門跡で神仏習合の神事が行われます

↓ 京都 東山・花灯路 ↓

毎年三月に行われる京都・東山花灯路 2018/3/9~18 18:00~21:30

京都・東山花灯路にて粟田大土呂が展示されます

特別拝観とライトアップ
青蓮院知恩院八坂神社圓徳院高台寺法観寺(夜間特別拝観無)、清水寺

毎日19時と20時に知恩院を出発する狐の嫁入り
行列順序 知恩院三門円山公園ねねの道→春光院→高台寺天満宮→高台寺

八坂神社では土日の18:30、19:00、19:30に京都五花街・舞妓さんの舞が行われます

↓ 2018/2/17 祈年祭 湯立神事 ↓

毎年2/17に五穀豊穣、祈願成就、無病息災を祈願する湯立神楽が行われる粟田神社へ

いつのころから使用されているのか、釜の台は割れていても大切に使われている

巫女さんによる舞

関係の深い「八坂神社」の銘の入った釜が使用されてます

修祓 (しゅばつ) 、主願成就の祝詞奏上ののちにお祓い

釜を塩やお神酒で清めます

元は占いだったものが神楽になったのだとか

この形式では天からの水を受ける柄杓の舞いはない模様

湯を神様に納めます

紐でしっかりと袖を留める姿も見られました

お待ちかねの湯立神楽がスタート

その湯滴を浴びると無病息災に過ごせるとのことで、浴びるために前にでる参拝客も多数

湯がダイナミックに舞う神楽です

神楽のあとは参拝者に湯が配られます

境内には粟田・藤森・建勲・豊国神社を巡る「京都刀剣御朱印めぐり」で訪れた
刀剣乱舞(とうらぶ)のぬいぐるみと写真を撮っている女子の姿も

湯だけではなく巫女さんから甘酒、神主さんから撒饌をいただきました

城南宮石清水八幡宮でも湯立神楽を見ることができ、
一番、粟田神社がゆっくり拝見できます

Awata jinja shrine・怎么走・行き方・Access
交通:bus「神宮道」下車 Free Ticket(一日乗車券)
住所:京都市東山区粟田口鍛冶町1 map
TEL:075-551-3154
拝観時間:24h
URL:粟田神社
拝観料:無料
ご利益:厄除け・病除け、旅立ち守護・旅行安全、病魔退散・縁結び・安産・経営守護
主要行事:2/17祈年祭 湯立神事、10月粟田祭


📷京都散歩の旅📷 ✉mail✉ profile
京都の桜 京都の祭 行事 イベントカレンダー 京都の紅葉 京都の雪景色
パワースポット ご利益さん portrait photo writer
Facebook Twitter Instagram 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO

鹿王院

鹿王院 夜間特別拝観へ行ってきました。

↓ 2016年 秋 紅葉 ↓

鹿王院

1380年に延命長寿を願い「覚雄山 宝幢禅寺 鹿王院」と名付けられた禅寺

鹿王院

山門には足利三代将軍義満の扁額「覚雄山」がかかっています

鹿王院

嵐山を借景とした本庭

鹿王院

舎利殿(駄都殿)には鎌倉将軍源実朝が宋から招来した仏牙舎利があり、
毎年10月15日「舎利会(しゃりえ)」に御開帳される

鹿王院

多宝塔を守る四天王は必見!

鹿王院

仏牙は天下泰平の霊仏で後奈良天皇・親王町天皇・後水尾天皇も礼拝供養したそうです

鹿王院

通常は本堂に運慶作・釈迦及十大弟子が祀られておりますが、只今、美術館に出張中でした

鹿王院

客殿正面には義満筆「鹿王院」の額も

鹿王院

事前予約が必要な夜間特別拝観では一日百名限定のライトアップも楽しめます

鹿王院

路面電車の嵐電に乗って、晩秋の紅葉を愛でに鹿王院、オススメです 紅葉情報

鹿王院

Rokuoin 京都十刹第五 仏牙寺 鹿王院・怎么走・行き方・Access
交通:bus「下嵯峨」下車 または嵐電「鹿王院」下車 徒歩3分
住所:京都市右京区嵯峨北堀町24 map
TEL:075-861-1645
拝観時間:9:00-17:00
URL:京都市都市緑化協会
拝観料:400円 鹿王院 夜間特別拝観 (呈茶・拝観記念御朱印付)2,000円


📷京都散歩の旅📷 ✉mail✉ profile
京都の桜 京都の祭 行事 イベントカレンダー 京都の紅葉 京都の雪景色
パワースポット ご利益さん portrait photo writer
Instagram YouTube Twitter Facebook 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO

「観光経済新聞」に掲載されました

観光経済新聞新聞に葵祭の記事が掲載されました!

葵祭【オマツリジャパンの毎週祭日 12】二つの神社の古式な儀式

観光経済新聞WEBから「オマツリジャパン」でも検索が可能です。
納品したあとに文章が編集されており、新聞らしい文章になっていました。


京都散歩の旅  ✉mail✉ profile
京都の桜 京都の祭 行事 イベントカレンダー 京都の紅葉 京都の雪景色
パワースポット ご利益さん portrait photo writer
Instagram YouTube Twitter Facebook 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO