高台寺 アンドロイド観音 [マインダー]

Kodaiji 臨済宗 建仁寺派 鷲峰山 高台寺・怎么走・行き方・Access
交通:bus「祇園/東山安井」下車 中文
住所:京都市東山区高台寺下河原町526番地 map
TEL:075-561-9966
拝観時間:9:00~17:00 受付終了 17:30 閉門 ライトアップは日没~21:30まで
URL:高台寺 アンドロイド観音 マインダー
拝観料:6,000円(薄茶席・拝観・点心[お食事]・喫茶付
高台寺 年間行事:1/1 大般若祈祷会夜咄、春 、夏 百鬼夜行展浴衣茶会 妖女赤夜行進図、10/6 北政所茶会 太夫道中 太夫席 アンドロイド観音[マインダー]


高台寺アンドロイド観音・マインダーのポスターに写真を使っていただきました!

2019年 アンドロイド観音 マインダー time schedule

8月23日(金)〜26日(月)※8月24日 時間変更
9月1日(日)
9月7日(土)、9月8日(日)
9月14日(土)〜9月16日(祝・月)
9月21日(土)〜9月23日(祝・月)
9月28日(土)、9月29日(日)

↓ 2019年2月23日 プレス公開 開眼法要 ↓

ついにアンドロイドの観音様が現世に光臨ー

アンドロイド観音 マインダー ご開眼

身長は195㎝、体重は60Kg

なめらかな動きは空気圧駆動によるもので
首から上が10か所、片腕7か所ずつ、体は2か所、合計26か所が動きます

また般若心経をプロジェクションマッピング(英語・中国語字幕対応)で語ります

このアンドロイド観音が生まれたのは
「仏像の姿が描かれたレリーフの仏が絵を抜け出て仏像となったがその後の進化はない、
目を合わせ、話し、動く観音に進化させたいー」
という高台寺 後藤典生執事長の熱い思いを受け、
大阪大学とのコラボレーションが3年ほど前から始まりました

アンドロイド制作はマツコロイドなどをてがけるエーラボ
プロジェクションマッピングはART COMPLEXが担当

そして仏教経典「般若心経」を説くアンドロイド観音「マインダー」が高台寺で2019/2/23に発表

和尚のお話によると観音様はもともと馬頭観音などいろいろなものに変身する、
だから今回はアンドロイドに変身したのだという

顔はコミュニケーションが取れる最低限のシンプルなモノ
髪などもなく性別、年齢も特定されないミニマルデザインを採用しています

顔がとても人間らしいのに体がメカなのはギャップができるのを狙っており、
法衣などは着せず、顔のモデルもなく、声は合成の人工音声です

このギャップが不思議なことに「自分が見たいように見え」
足りない部分を「理解、想像、ポジティブな方向に補完する」のだという

本来はアンドロイドではなくAIを目指していたのですが、それは「100年早い」のだとか

AIは知識の蓄積ですが、例えば「愛してる」とアンドロイドに語りかけたとき
「愛しています」と返答するようにプログラミングはできるけれど、
そこに心はあるのか?というと答えは難しい

まず今回は般若心経をできるだけ生老病死、煩悩について
平易な言葉でわかりやすくプロジェクションマッピングでのシナリオを作成してあります

今後は修学旅行の法話では生命の話を希望されることも多いこともあり、
プロジェクションマッピングもアンドロイド観音様も更に進化していくご予定です

今でこそ夜間拝観ライトアップはあちこちで行われるようになったけれど
お寺で初めて高台寺がライトアップを行ったときはお叱りを受け、大変だったのだとか

今回も「アンドロイド観音」とはどうなのか?など是是非非があるのは分かったうえで
作成に踏み切ったのだそうです

動く仏像は世界初…と思いきや
90年前に水戸黄門の役をしていた西村晃様のお父様による
からくり人形のような動く観音様があったそうです
(しかしながらどうやら消失したもようで現存するものはありません)

そしてマインダーという名前は「心」という意味と「なんまいだー」から命名されています

今回、プレス発表の場に高台寺とのご縁でお伺いさせていただきました

生老病死、煩悩についての法話は貧血と金欠でフラフラなのと、
日本人は働きすぎ!もっと好きなことをして生きていける世の中にならないかなと
ここの所、思っていたので空の教えは心に響くものがありました

動いて目を合わせて話し進化するアンドロイド観音様、
興味本位でいい、お寺に立ち寄るきっかけにしてみてはいかがでしょうか

2019年3月8日(金)~ 5月6日(月・祝)高台寺「教化ホール」にて一般公開(ご志納)

1度に50~60人拝観可能、予約も可能になる予定 ※夜間拝観なし

関連記事:高台寺 年間行事 1/1大般若祈祷会

関連記事:高台寺 年間行事 1/11~3/3 金・土・日開催「夜咄の茶会

関連記事:毎年三月 京都・東山花灯路

関連記事:
「デジスタイル京都」京都のことを愛しすぎて、住んでしまった 女性カメラマンが “ほんまもんの京の舞台”を撮る!

第四回【高台寺】百鬼夜行の最後はどうなる?!閻魔様も恋する地獄太夫がお出迎え!夏の2つの特別拝観

高台寺 燈明会 百鬼夜行展

関連記事:高台寺 年間行事 10/6 北政所茶会 太夫道中 太夫席

関連記事:💘京都で恋愛成就をお願いするときの参考に💘
縁結びを叶える京都女子旅 恋愛パワースポットを巡る!
永遠のカップル!“秀吉とねね”の寺「高台寺

関連記事:高台寺 春夏秋冬 春の桜、夏の百鬼夜行、秋の紅葉、冬の雪景色


📷京都散歩の旅📷 ✉mail✉ profile
京都の桜 京都の祭 行事 イベントカレンダー 京都の紅葉 京都の雪景色
パワースポット ご利益さん portrait photo writer
Facebook Twitter Instagram YouTube 到到网 TripAdvisor 微博 WEIBO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です